アントワーヌ・ドゥ・コーヌ
 ANTOINE DE CAUNES

人気キャスターから転身、俳優・映画監督として活躍する。娘は女優のエマ・ドゥ・コーヌ

1953年12月1日、フランスのパリ生まれ。父親は司会や俳優として活躍したジョルジュ・ドゥ・コーヌ、母親はアナウンサーのジャクリーヌ・ジュベール。

テレビの司会やジャーナリストとして人気を集めた後、1989年にトニー・マーシャル監督の「Pentimento」で映画デビュー。1996年にはコメディ「Les deux papas et la maman」、1998年には、当時、パートナーの関係にあったエルザ・ジルベルスタインと「L'Homme est une femme comme les autres」で共演している。1999年には、クロード・シャブロル監督のサスペンス「嘘の心」に出演した。

2001年には、アーシア・アルジェントを主演に迎えて、初監督作品「禁断の罠」を発表。2002年には歴史アドベンチャー「Blanche」に出演し、2003年には、二本目となる監督作品「Monsieur N.」で、ナポレオンの死の謎を描いた。2006年には、フランシス・ジロー監督のスリラー「Un ami parfait」に出演し、新境地を開く。

2006年には、ジャン・ロシュフォールとシャーロット・ランプリングを迎え、三本目となる監督作品「Desaccord parfait」を発表。2008年のセザール賞では、司会をつとめることが決まっている。

私生活では、ドキュメンタリー作家のガエル・ロワイエと結婚したが離婚。娘のエマ・ドゥ・コーヌは現在、女優として活躍している。1997年より、女優のエルザ・ジルベルスタインとパートナーの関係にあったが破局。2007年5月には、テレビの司会やジャーナリストとして知られるDaphne Roulierと結婚した。

■ 主な出演作品
2007年  Mr.ビーン カンヌで大迷惑!?
2006年  Un ami parfait
2002年  Blanche
1999年  嘘の心
1998年  L'Homme est une femme comme les autres
1996年  Les deux papas et la maman
1989年  Pentimento

■ 主な監督作品
2006年  Desaccord parfait
2003年  Monsieur N.
2001年  禁断の罠

▼ SPONSORED LINK










嘘の心
嘘の心


禁断の罠
禁断の罠


あ行  HOME