アニセー・アルヴィナ
 ANICEE ALVINA

妖艶な魅力と独自の感性をもつ女優として、1970年代、人気を集めた

1953年1月28日、フランスのプーロン生まれ。イラン人の父親とフランス人の母親のもとに生まれる。兄3人、姉2人の6人兄弟の末っ子。幼い頃より、ジャクリーヌ・ルイヤール女史の門下生として、ジェルマル・アンケーエ公立演劇学校に通っていた。

1969年に「Elle boit pas, elle fume pas, elle drague pas, mais... elle cause!」で映画デビュー。ルイス・ギルバート監督の目にとまり、1970年に「フレンズ」に出演。この作品で世界の若者の心をつかみ、一躍青春スターになった。1973年には、続編の「続フレンズ」が公開。1975年には、「危険な戯れ」でフィリップ・ノワレやジャン=ルイ・トランティニャンらと共演。1981年には、日本映画「夢・夢のあと」に出演している。妖艶な魅力と独自の感性をもつ女優として、人気を集めた。

1980年代以降は、映画界から離れて、ロックグループの歌手として活動していた。1995年には、「Jusqu'au bout de la nuit」で女優復帰。2006年に撮影された「Charell」も公開予定。

私生活では、1984年に結婚。2006年11月10日、死去。享年53歳。

■ 主な作品
1981年  夢・夢のあと
1975年  危険な戯れ
1973年  続フレンズ
1970年  フレンズ
1969年  Elle boit pas, elle fume pas, elle drague pas, mais... elle cause!









【VHS】フレンズ
~ポールとミシェル~


あ行  HOME