オドレイ・トトゥ
 AUDREY TAUTOU

「アメリ」で大ブレイク!「ダ・ヴィンチ・コード」に出演するなど活躍の幅を広げる。

1978年8月9日、フランス中部のボーモン出身。歯科医の父親と、教師の母親のもとに生まれる。四人兄弟の長女で、弟がひとり、妹がふたりいる。バカロレアを取得するなど成績優秀だったが、幼い頃からの夢だった女優を志し、パリの演劇学校で学んだ。テレビや映画に出演するうち、次第に大きな役がつくようになる。

1998年、若手映画俳優フェスティバルで若手女優賞を受賞。その後、トニー・マーシャル監督に見出され、1999年には「エステサロン/ヴィーナス・ビューティ」に出演。セザール賞の有望若手女優賞を受賞する。

2001年には、国際的な大ヒット作「アメリ」のヒロイン役を演じた。ピュアでキュートな魅力で、フランスはもちろんのこと、世界中で「アメリ旋風」を巻き起こした。この作品で、リュミエール賞主演女優賞を受賞したほか、セザール賞主演女優賞など、多数の賞にノミネートされた。フランスの高級宝飾ブランド「ショパール」が、最も期待される女優に毎年贈っている「ショパール賞」も受賞している。

「アメリ」で一世を風靡したトトゥは、あっという間に映画界でひっぱりだこになる。2002年には「堕天使のパスポート」でロンドン在住のトルコ人移民を演じ、英語映画初出演。レティシア・コロンバニ監督の「愛してる、愛してない」、セドリック・クラピッシュ監督の「スパニッシュ・アパートメント」、2003年にはアラン・レネ監督の「巴里の恋愛協奏曲」など、たて続けに出演している。

2004年には、「ロング・エンゲージメント」で、再び「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督の作品に出演。セザール賞の主演女優賞にノミネートされた。2006年には、ハリウッドの大作「ダ・ヴィンチ・コード」のヒロインに抜擢されるなど、着実に活躍の場を広めている。

2009年には、世界的なデザイナー ココ・シャネルの人生を描く伝記映画「ココ・アヴァン・シャネル」に出演。オドレイ・トトゥは主人公のココ・シャネルを演じている。

私生活では、歌手のMathieu Chedidと交際しているらしい。

■ 主な作品
2009年  ココ・アヴァン・シャネル
2006年  ダ・ヴィンチ・コード
2006年  プライスレス 素敵な恋の見つけ方
2005年  ロシアン・ドールズ
2004年  ロング・エンゲージメント
2003年  巴里の恋愛協奏曲
2003年  オドレイ・トトゥ in ハッピーエンド
2002年  愛してる、愛してない…
2002年  スパニッシュ・アパートメント
2002年  堕天使のパスポート
2001年  アメリ
2001年  ミシェル
2000年  月夜の恋占い
1999年  エステサロン/ヴィーナス・ビューティ
1999年  オドレイ・トトゥ 氷の海に眠りたい

■ オドレイ・トトゥ 関連DVD


■ LINK
オドレイ・トトゥ FAN SITE
http://french.rose.ne.jp/audrey/

▼ SPONSORED LINK


あ行  HOME