アネット・ヴァディム
 ANNETTE VADIM

ロジェ・ヴァディム監督と結婚し、「危険な関係」で映画デビュー

1936年12月7日、デンマークのコペンハーゲン生まれ。医者だった父親は、アネットが幼い頃に亡くなっている。

ロンドンで英語を学んでいたが、モデルになろうと思い、パリへ出た。雑誌のカヴァー・ガールをしていた頃、ブリジット・バルドーと離婚したばかりだったロジェ・ヴァディム監督と出会い、1958年に結婚した。

1959年、当時夫だったロジェ・ヴァディム監督の「危険な関係」で映画デビュー。1961年には、同じくヴァディム監督の「血とバラ」に出演。吸血鬼伝説を官能的に描いたこの作品で、神秘のエロスを演じ、一躍スターになった。

ロジェ・ヴァディム監督との間には、娘をもうけたが1961年に離婚。1965年以降、映画界から引退した。2005年12月12日、ガンのため死去。享年71歳。

■ 主な作品
1963年  追い越し野郎
1961年  血とバラ
1960年  オルフェの遺言 私に何故と問い給うな
1959年  危険な関係

■ REFERENCE
ビバ!フランス映画の女優たち
著者:梶原和男  出版:芳賀書店







【DVD】危険な関係

あ行  HOME