エルザ・ジルベルスタイン
 ELSA ZYLBERSTEIN

フランス映画界の人気女優。「ミナ」「モディリアーニ 真実の愛」などに出演

1969年10月16日、フランスのパリ生まれ。父親は物理学者。フローラン校などで演技を学ぶ。

1988年、ルネ・フェレ監督の「Bapteme」で映画初出演。1991年にはモーリス・ピアラ監督の「Van Goph」に出演し、セザール賞の有望若手女優賞にノミネートされる。

その後、1992年にクリスチャン・ヴァンサン監督の「Beau fixe」、ジャック・ドワイヨン監督の「愛されすぎて」などに出演。そして、マルティーヌ・デュゴウソン監督の「ミナ」(1993年)で、エルザ・ジルベルスタインの名は広く知られるようになる。ロマーヌ・ボーランジェ演じるミナの親友役エテルを演じ、ロミー・シュナイダー賞を受賞。セザール賞の有望若手女優賞にもノミネートされた。デュコウソン監督の作品には、1996年の「恋人たちのポートレート」にも出演している。

1996年、Dian Bertrand監督の「Un samedi sur la terre」で主役をつとめた後、1997年には「XXL」ではジェラール・ドパルデューらと共演している。1998年には、ロシェ・プランション監督の「葡萄酒色の人生 ロートレック」に出演し、主人公アンリの恋人役を演じた。1999年には、ラウル・ルイス監督の「見出された時」に出演。この作品はカンヌ映画祭に出品されている。

2002年には、アントワーヌ・ドゥ・コーヌ監督の「Monsieur N.」に出演し、2003年には「Qui perd gagne!」で、ティエリー・レルミットと共演。2004年には「モディリアーニ 真実の愛」に出演している。

フランス映画界の人気女優として知られ、私生活では、1997年より俳優で監督のアントワーヌ・ドゥ・コーヌとパートナーの関係にあるらしい。

■ 主な作品
2006年  ル・テスク家の殺人
2005年  ストーン・カウンシル
2004年  モディリアーニ 真実の愛
2003年  Qui perd gagne!
2002年  Monsieur N.
2002年  マーダー・ネット
2001年  エンジェル
1999年  見出された時-「失われた時を求めて」-より
1998年  葡萄酒色の人生 ロートレック
1997年  XXL
1996年  Un samedi sur la terre
1996年  恋人たちのポートレート
1994年  カストラート
1993年  ミナ
1992年  愛されすぎて
1991年  Van Goph


▼ SPONSORED LINK





モディリアーニ 真実の愛
モディリアーニ 真実の愛


ストーン・カウンシル
ストーン・カウンシル


マーダー・ネット



カストラート
カストラート

あ行  HOME