セザール賞2008 主なノミネート作品

エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜 La Mome 伝記・ドラマ・音楽劇
【ノミネート11部門】
作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、撮影賞、美術賞、衣装賞、録音賞、編集賞

伝説の歌姫、エディット・ピアフの47年間の波乱万丈の生涯を綴る。1915年、フランス・パリの貧困地区で生まれ育ったピアフ。20歳の時、パリの名門クラブのオーナーにその才能を見出され、クラブの舞台に立つ。数々の困難に直面しながらも成功を収めていった彼女は、生涯を通じて歌うことは一度もやめなかった……。ゴールデン・グローブ賞主演女優賞。

監督:オリヴィエ・ダアン
出演:マリオン・コティヤール、シルヴィ・テステュー、パスカル・グレゴリー、エマニュエル・セニエ、ジャン=ポール・ルーヴ、ジャン=ピエール・マルタン、ジェラール・ドパルデュー 他


秘密 Un Secret ドラマ
【ノミネート11部門】
作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞(2人)、脚色賞、音楽賞、撮影賞、美術賞、衣装賞、編集賞

1930年から数十年にわたる家族を描いたドラマ。孤独な少年フランソワは、15歳になったとき、家族ぐるみの友人から、両親にまつわる驚くべき真実を知らされる。それは、両親がナチスの強制収容所にいたことと、Hannahという女性をめぐる話だった……。心理分析家フィリップ・グランベールの小説の映画化。

監督:クロード・ミレール
出演:セシル・ドゥ・フランス、パトリック・ブリュエル、リュディヴィーヌ・サニエ他


潜水服は蝶の夢を見る Le Scaphandre et la Papillon ドラマ
【ノミネート7部門】
作品賞、監督賞、主演男優賞、脚色賞、撮影賞、録音賞、編集賞

雑誌「ELLE」の敏腕編集長ジャン=ドミニク・ボービーは、脳梗塞に倒れ、全身が麻痺してしまう。唯一のコミュニケーションの手段は、左のまぶたを瞬かせることだった……。ジャン=ドミニク・ボービーの著書を映画化。カンヌ映画祭監督賞、リュミエール賞作品賞。

監督:ジュリアン・シュナーベル
出演:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリー=ジョゼ・クローズ 他


ペルセポリス Persepolis アニメ
【ノミネート5部門】
作品賞、初監督作品賞、音楽賞、録音賞、編集賞

1978年のテヘラン。進歩的な考えを持った両親に大事に育てられた8歳の少女マルジャン。 しかし、宗教革命後、激動するイラン社会の影響が次々に彼女にも襲いかかってくる……。世界で120万部の漫画「ペルセポリス」のアニメ化。カンヌ映画祭審査員賞。

監督:マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パノロー
声の出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、キアラ・マストロヤンニ、ダニエル・ダリュー 他


La Graine et le mulet コメディ・ドラマ
【ノミネート5部門】
作品賞、監督賞、有望若手女優賞、脚本賞、編集賞

船の工事現場で長いこと働いてきたベイジ。60代を迎えたベイジは、レストランを経営するという賭けに出てみようと思い始めていた。そんな父の夢をきっかけに、バラバラだった家族が一致団結していく。 ヴェネチア映画祭審査員特別賞、ルイ・デリュック賞作品賞。

監督:アブドゥラティフ・ケシシュ
出演:Habib Boufares、Hafsia Herzi、Faridah Benkhetache 他


Les Temoins ドラマ
【ノミネート4部門】
監督賞、主演男優賞、助演男優賞、有望若手男優賞

パリへやってきた20歳のマニュ。ゲイの医者アドリアンと知り合い、子供が生まれたばかりのカップル、サラとメディを紹介される。マニュの心は、あることをきっかけにメディに傾いていく。しかし、ある日、マニュは自分の身体に赤い斑点を発見する。ベルリン映画祭に正式出品。

監督:アンドレ・テシネ
出演:ミシェル・ブラン、エマニュエル・ベアール、サミ・ブアジラ 他


モリエール Moliere 歴史劇・コメディ
【ノミネート4部門】
助演男優賞、脚本賞、美術賞、衣装賞

1644年、弱冠22歳のモリエールは劇団を旗揚げするも破産し、債権者に追われてパリから姿を消す。この謎の数ヶ月間、モリエールの身に起きたことは何か?偉大な劇作家モリエールが行方をくらました謎の数ヶ月間をめぐる空想歴史喜劇。

監督:ローラン・ティラール
出演:ロマン・デュリス、ファブリス・ルキーニ、 ラウラ・モランテ、リュディヴューヌ・サニエ 他


Les Chansons d'amour コメディ・ミュージカル
【ノミネート4部門】
有望若手男優賞、有望若手女優賞、音楽賞、録音賞

ジャック・ドゥミにオマージュを捧げた愛についてのミュージカル・コメディ。 ルイ・ガレル、リュディヴィーヌ・サニエ、クロチルド・エスム、キアラ・マストロヤンニら、フランスの若手俳優らが出演。監督は、長編4作目となるクリストフ・オノレ。カンヌ映画祭に正式出品。

監督:クリストフ・オノレ
出演:ルイ・ガレル、リュディヴィーヌ・サニエ、クロチルド・エスム 他


Ceux qui restent ドラマ・ロマンス
【ノミネート3部門】
主演男優賞、脚本賞、初監督作品賞

病院のガン病棟で出会った男女。ガンで入院する妻を見舞うベルトランと、一緒に暮らし始めたばかりの恋人がガンで入院したロランス。ふたりは毎日顔を合わせるうちに、一緒にコーヒーを飲み、駅まで一緒に帰るようになる。ふたりの関係は慰め?それとも……。

監督:Anne Le Ny
出演:ヴァンサン・ランドン、エマニュエル・ドゥヴォス、Yeelem Jappain 他


Ensemble, c'est tout コメディ
【ノミネート3部門】
助演男優賞、有望若手男優賞、脚色賞

カミーユは掃除の仕事をしながらイラストを描いている。若い上流階級のフィリベルトは、家族から受け継いだアパルトマンに住み、料理人のフランクは、愉快な祖母ポーレットのことが大好き。4人は知り合い、互いの運命が交錯する……。オドレイ・トトゥ、ギョーム・カネが共演。

監督:クロード・ベリ
出演:オドレイ・トトゥ、ギョーム・カネ、ロラン・ストッケール 他


 セザール賞2008 受賞予想

最多ノミネートは「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」と「秘密」!

2008年セザール賞のノミネート作品が発表されました。受賞は2月22日に決まります。やはり、注目が集まるのは、最多11部門でノミネートされたオリヴィエ・ダアン監督の「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」と、同じく11部門でノミネートされたクロード・ミレール監督の「秘密」。

エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」は、フランスで2月に公開され、わずか8週で動員500万人を突破する大ヒット。主演のマリオン・コティヤールがゴールデン・グローブ賞の女優賞を受賞し、 アカデミー賞の主演女優賞にもノミネートされるなど、今年度のフランス映画の話題作となりました。

クロード・ミレール監督の「秘密」は、ゴンクール賞を受賞した心理分析家フィリップ・グランベールのベストセラー小説の映画化。セシル・ドゥ・フランス、リュディヴィーヌ・サニエ、ジュリー・ドパルデューら人気女優が出演し、それぞれ主演女優賞、助演女優賞にノミネートされています。


各国の映画賞を受賞した秀作がズラリ

そのほか、作品賞にノミネートされたのが、アブドゥラティフ・ケシシュ監督の「La Graine et le mulet」、ジュリアン・シュナーベル監督の「潜水服は蝶の夢を見る」、マルジャン・サトラピ&ヴァンサン・パロノー監督の「ペルセポリス」。

「La Graine et le mulet」
「潜水服は蝶の夢を見る」
「ペルセポリス」

ジュリアン・シュナーベル監督の「潜水服は蝶の夢を見る」は、カンヌ映画祭の監督賞を受賞したほか、アカデミー賞でも、監督賞など4部門でノミネートされています。「ペルセポリス」については、作品賞でアニメ作品がノミネートされるのは「ベルヴィル・ランデブー」以来、二度目のこと。カンヌ映画祭では審査員賞に輝き、アカデミー賞の長編アニメーション部門にもノミネートされています。

アブドゥラティフ・ケシシュ監督の「La Graine et le mulet」は、ヴェネチア映画祭審査員特別賞を受賞したほか、12月に発表されたルイ・デリュック賞では作品賞に輝きました。アブドゥラティフ・ケシシュ監督は、今から3年前、「L'ESQUIVE」で長編2作目にしてセザール賞の作品賞を受賞している新進気鋭の監督です。


そのほかの気になる作品といえば……

作品賞にはノミネートされませんでしたが、フランスで最初のHIV感染者となった青年と彼らを取り巻く人間模様を描き、ベルリン映画祭に出品されたアンドレ・テシネ監督の「Les Temoins」。ミシェル・ブランが主演男優賞、サミ・ブアジラが助演男優賞にノミネートされるなど、4部門でノミネートされています。

「Les Temoins」
「Les Chansons d'amour」

また、ジャック・ドゥミにオマージュを捧げた愛についてのミュージカル・コメディ「Les Chansons d'amour」も、気になるところ。ルイ・ガレル、リュディヴィーヌ・サニエら、若手の人気俳優らが出演し、有望若手男優賞、有望若手女優賞など、4部門でノミネートされています。カンヌ映画祭のコンペティション部門に出品された作品です。


世界から注目されるマリオン・コティヤール!

主演女優賞には、2003年に主演女優賞を受賞したイザベル・カレ、セザール賞常連でベテランのカトリーヌ・フロ、昨年も2作品で同賞にノミネートされたセシル・ドゥ・フランスなど、そうそうたるメンバーが選ばれました。

しかし、やはり、ゴールデン・グローブ賞の女優賞を受賞し、アカデミー賞の主演女優賞にもノミネートされたマリオン・コティヤールが有力でしょうか。マリオン・コティヤールは、マイケル・マン監督やロブ・マーシャル監督などハリウッド作品に出演することも決まっており、フランスのみならず、世界から注目を集めています。

マリオン・コティヤール
セシル・ドゥ・フランス
カトリーヌ・フロ


 セザール賞 2008 受賞結果

「セザール賞2008」の受賞結果が発表されました。最優秀作品賞に輝いたのは、アブドゥラティフ・ケシシュ監督の「La Graine et le mulet」。「La Graine et le mulet」は、作品賞のほか、監督賞、脚本賞、有望若手女優賞を受賞しています。

最多11部門でノミネートされた「エディット・ピアフ〜愛の讃歌」は、主演女優賞、撮影賞、音楽賞、衣装賞、美術賞の5部門にとどまりました。

 最優秀作品賞
「La Graine et le mulet」 アブドゥラティフ・ケシシュ監督


 最優秀監督賞
アブドゥラティフ・ケシシュ監督 「La Graine et le mulet」


 最優秀主演男優賞
マチュー・アマルリック 「潜水服は蝶の夢を見る」


 最優秀主演女優賞
マリオン・コティヤール 「エディット・ピアフ〜愛の讃歌」


 最優秀助演男優賞
サミ・ブアジラ 「Les Temoins」


 最優秀助演女優賞
ジュリー・ドパルデュー 「Un secret」


 最優秀有望若手男優賞
Laurent Stocker 「Ensemble, c'est tout」


 最優秀有望若手女優賞
Hafsia Herzi 「La Graine et le mulet」


 最優秀初監督作品賞
「ペルセポリス」 マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー監督


 Les Cesar de Cinema セザール賞公式サイト(フランス語)


※脚本賞、脚色賞、音楽賞、撮影賞、美術賞、録音賞、衣装賞、編集賞、短編賞、外国語映画賞は省略させていただきました。


 セザール賞 2008 PHOTO GALLERY



最優秀作品賞は、アブドゥラティフ・ケシシュ監督の「La Graine et le mulet」。監督賞も受賞。



最優秀主演女優賞は、ゴールデングローブ賞女優賞にも輝いた「エディット・ピアフ〜愛の讃歌」のマリオン・コティヤール。



マリオン・コティヤールは、袖と裾のフリルがかわいらしいドレスで登場。



これまでの功績が称えられ、セザール賞名誉賞を受賞したジャンヌ・モロー。



笑顔のジャンヌ・モロー。イヤリングが素敵。



左は、最優秀助演女優賞に輝いたジュリー・ドパルデュー。右は、同作品で共演し、同じくノミネートされたリュディヴィーヌ・サニエ。



最優秀有望若手男優賞を受賞した「Ensemble, c'est tout」のLaurent Stocker。



最優秀有望若手女優賞を受賞した「La Graine et le mulet」のHafsia Herzi。感極まって涙。



最優秀初監督作品賞は、マルジャン・サトラピ&ヴァンサン・パロノー監督の「ペルセポリス」。



主演女優賞を受賞したマリオン・コティヤール。背後にいるのは、アラン・ドロン。



左は助演男優賞を受賞したサミ・ブアジラ。右はヴィルジニー・ルドワイヤン。



ファニー・アルダンはシックなふんわりスカート。



主演女優賞にノミネートされたイザベル・カレ。



有望若手女優賞にノミネートされたクロチルド・エスム。個性的な衣装ですね。



左は、昨年、有望若手女優賞を受賞したメラニー・ロラン。ジュリアン・ボワスリエと一緒に。



助演女優賞にノミネートされたシルヴィー・テステュ。



2005年に有望若手女優賞を受賞したサラ・フォレスティエ。ミニの赤いワンピースでセクシーに。



アミラ・カサールは白いファーを羽織って登場。


▼ SPONSORED LINK


セザール賞  HOME