トップページナチュラルチーズの選び方と保存法

コンテンツ
ナチュラルチーズの種類
-- フレッシュタイプ
-- 白カビタイプ
-- 青カビタイプ
-- ウォッシュタイプ
-- シェーブルタイプ
-- セミハードタイプ
-- ハードタイプ
チーズの選び方と保存法
チーズとワインの相性
チーズとパンの相性
チーズとフルーツの相性
チーズ・プラトーの作り方
チーズを楽しむ道具
チーズに関する本
トップページ




● フレッシュタイプ

モッツァレラ バッカ

▼ 選び方
日付の新しいものを選ぶ。良い状態のものは、きれいな白色。

▼ 保存法
パッケージのまま冷蔵庫に入れて保存。開封後は1週間以内に食べきる。冷凍保存は禁物。


● 白カビタイプ

サンタンドレ

▼ 選び方
包装紙の上から軽く指で押してみると、熟成の度合いがわかる。中心までやわらかいものが熟度が進んでいる証拠。

▼ 保存法
乾燥は禁物。切り口をラップで包み、冷蔵庫の野菜室で保存。もしくは密閉容器に、レタスなどの濡れた野菜か、ぬれぶきんと一緒に保存して、湿気を補う。


● 青カビタイプ

ゴルゴンゾーラ・ドルチェ

▼ 選び方
青カビがむらなく入っていて、色つやのよいものを選ぶ。

▼ 保存法
乾燥は禁物。切り口をラップで包み、冷蔵庫の野菜室で保存。もしくは密閉容器に、レタスなどの濡れた野菜か、ぬれぶきんと一緒に保存して、湿気を補う。


● ウォッシュタイプ

エポワス

▼ 選び方
大変難しい種類のチーズ。白カビチーズ同様、やわらかさを確かめ、表面が乾燥せず、逆にベタつかず、軽く手につくくらいのものが良い。

▼ 保存法
乾燥は禁物。切り口をラップで包み、冷蔵庫の野菜室で保存。もしくは密閉容器に、レタスなどの濡れた野菜か、ぬれぶきんと一緒に保存して、湿気を補う。


● シェーブルタイプ

セル・シュル・シェール

▼ 選び方
ヘリが高くないもので、輸入年月日の新しいものを選ぶ。

▼ 保存法
乾燥は禁物。切り口をラップで包み、冷蔵庫の野菜室で保存。もしくは密閉容器に、レタスなどの濡れた野菜か、ぬれぶきんと一緒に保存して、湿気を補う。ラップで包むときは、ぴっちりと包まずに余裕をもたせる。


● セミハードタイプ

マリボー

▼ 選び方
切り口の断面が明るく美しいものを選ぶ。

▼ 保存法
切り口をラップでぴっちりと包むか、密閉容器に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存。買ってから2〜3週間で食べきる。


● ハードタイプ

ミモレット

▼ 選び方
切り口の断面が明るく美しいものを選ぶ。孔(チーズアイ)のあるタイプのチーズは、大きさがそろって平均しているものが良い。

▼ 保存法
切り口をぴっちりとラップで包むか、密閉容器に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存。上手に保管すれば、うまみが増す。硬くなったら、料理に利用。


チーズを購入するなら



▲ PAGE TOP

COPYRIGHTS MIYUMIYU ALL RIGHTS RESERVED. 素材:RainDrop