オタール・イオセリアーニ
 OTAR IOSSELIANI

ヨーロッパで絶大なる人気と評価を集めるグルジア出身の名匠。笑いに満ちている一方で非情な現実を描き、数々の映画賞を受賞。

1934年2月2日、グルジア共和国・トビリシ生まれ。トビリシ高等音楽学院でピアノを学んだ後、モスクワ大学で応用数学を専攻する。その後、モスクワ国立映画大学(VGIK)に入学し、映画について学んだ。

いくつかの短編を製作した後、1962年に中編作品「四月」を発表したが、「抽象的、形式主義的」という理由で公開は禁じられてしまう。1966年には初の長編作品「落葉」を発表し、カンヌ映画祭で国際批評家連盟賞を受賞する。1976年には「田園詩」を発表し、ベルリン映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。

1979年より、オタール・イオセリアーニは活動の拠点をフランスに移し、1984年に「Les Favoris de la lune」、1989年に「Et la lumiere fut」、1992年に「蝶採り」、1996年に「群盗、第七章」を発表した。いずれの作品も、ヴェネチア映画祭で審査員特別大賞を受賞するという快挙を成し遂げる。

1999年には「素敵な歌と舟はゆく」がカンヌ映画祭に特別招待作品として出品された。また、ルイ・デリュック賞、ヨーロッパ映画アカデミー選出による年間最優秀批評家連盟賞も受賞した。2000年にはカンヌ映画祭で、カメラドール賞の審査員長をつとめた。

2002年には「月曜日に乾杯!」を発表。ベルリン映画祭に出品され、銀熊賞と国際批評家連盟賞のダブル受賞を果たした。のほほんとしたユーモアに溢れていながら、人間の愚かさ、ブルジョワの欺瞞、労働者の厳しい現実などを映し出す独特の作風で知られている。

■ 主な作品
2002年  月曜日に乾杯!
1999年  素敵な歌と舟はゆく
1996年  群盗、第七章
1992年  蝶採り
1989年  Et la lumiere fut
1984年  Les Favoris de la lune
1976年  田園詩
1970年  歌うつぐみがおりました
1966年  落葉
1962年  四月




あ行  HOME