French Mania

映画でフランス語を学ぼう

映画で学ぶメリット・デメリット

映画で学ぶための準備

私の学習方法

「映画でフランス語を学ぼう」TOP

HOME




映画を使って学ぶためには、基本的な文法は身につけておく必要があります。私自身はフランス語学校にも通っていましたが、それ以外にも参考書を使って勉強しました。

実は、私は大の文法嫌い。文法の参考書は読んでいるだけで、頭の中がこんがらがって、眠くなってしまいます……。そんな私でも最後まで読み通し、その後も暇なときに読み返しているのが、「フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!」。

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!
清岡 智比古
4560002835

ここしばらく、フランス語の参考書ではトップセラーの1位を走り続けている良書です。筆者の清岡智比古先生がおしゃべり口調で、楽しく、わかりやすくフランス語の文法を説明してくれます。この本のすごいところは、難しすぎず簡単すぎず、これ1冊やれば基本的な文法はだいたい把握できるところです。フランス語を始めたばかりの方はもちろん、中級以上の方も読み物として楽しめると思います。

ケータイ「万能」フランス語文法
久松 健一
4411004763

私がもう一冊愛用しているのは、「ケータイ「万能」フランス語文法」。こちらは、仏検に関する参考書を数多く執筆されている久松健一先生の本。久松先生の本はどれもよくできていて、信頼できます。

この本のいいところは、文法でわからないことがあったときに、さっと調べやすいこと。説明も、実に簡潔でわかりやすく、無駄がありません。フランス語を勉強するときは必ず傍らに置き、私にとっては絶対に手放せない愛用書です。





COPYRIGHTS MIYUMIYU ALL RIGHTS RESERVED.