カンヌ映画祭 2008

2008年5月14日〜25日にかけて、第61回カンヌ映画祭が開催されます。今年の審査委員長に選ばれたのは、アメリカの俳優で監督作品もあるショーン・ペン。「ミスティック・リバー」でアカデミー賞主演男優賞を受賞。カンヌ映画祭では、「シーズ・ソー・ラヴリー」で男優賞に輝き、監督をつとめた「プレッジ」でパルム・ドール候補になっています。

審査委員は、地元フランスからは、人気女優のジャンヌ・バリバール、2年前に「デイズ・オブ・グローリー」でパルム・ドール候補になったラシッド・ブシャール監督が選ばれました。

そのほか、「ペルセポリス」で昨年、カンヌ映画祭審査員賞に輝いたイラン人監督のマルジャン・サトラピ、イタリア人の俳優で監督作品もあるセルジオ・カステリット、イスラエル出身でアメリカで活躍する女優のナタリー・ポートマン、メキシコ人監督のアルファンソ・キュアロン、タイ人監督のアピチャッポン・ウィーラセタクン、ドイツ人女優のアレクサンドラ・マリア・ラーラが選ばれています。

コンペティション部門に選ばれたのは22作品。フランスからは、カトリーヌ・ドヌーヴマチュー・アマルリックらが出演するアルノー・デプレシャン監督の「Un conte de Noel」と、フィリップ・ガレル監督の「La Frontiere de l'aube」、ローラン・カンテ監督の「Entre les Murs」が選ばれました。

注目は、クリント・イーストウッド監督の「The Changeling」。アンジェリーナ・ジョリー主演で、1920年代を舞台にしたミステリースリラー。カンヌ映画祭常連、ダルデンヌ兄弟(ベルギー)の「La Silence de Lorna」もエントリーしています。

 Festival de Cannes カンヌ映画祭の公式サイト(英語・仏語)




 カンヌ映画祭 2008 コンペティション部門


24 City 中国/ドラマ

都市化にともない国営工場の移転が決まった。跡地には、高級マンションを建築するという。3世代女性労働者ら8人が思いを語りだす。社会の発展と環境の変化がもたらすものは……。「長江哀歌」でヴァネチア映画祭の金獅子賞に輝いたジャ・ジャンクー監督作品。

監督:ジャ・ジャンクー
出演:ジョアン・チェン、リュイ・リーピン、チャオ・タオ 他


Adoration カナダ/ドラマ

10代の青年サイモンは、ネット上に新たな世界“犠牲者のためのフォーラム”を築き世界中の話題に。だがフォーラムは、本当に人々の救いとなりうるのだろうか?アトム・エゴヤン監督は、今作で3度目のパルム・ドール候補。

監督:アトム・エゴヤン
出演:アルシネ・カンジアン、スコット・スピードマン、レイチェル・ブランチャード 他


ブラインドネス ブラジル・日本・カナダ/サスペンス・SF・ドラマ/公式サイト

白い病が人類を襲う。謎の伝染病によって視界を奪われ隔離された人々が療養所に収容されていくが、そこには、一人だけ視界が奪われていない“見える者”が紛れ込んでいた……。日本からは、伊勢谷友介、木村佳乃らが出演。オープニング作品。

監督:フェルナンド・メイレレス
出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、ダニー・グローヴァー 他


Che スペイン・アメリカ/伝記

1956年、カストロやゲバラたち革命軍は、バティスタ独裁政権を倒すため亡命先のメキシコからキューバへ上陸する……。キューバの革命家、チェ・ゲバラの伝記映画。監督は「セックスと嘘とビデオテープ」でパルム・ドールに輝いたスティーヴン・ソダーバーグ。

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、ベンジャミン・ブラット 他


Delta ドイツ・ハンガリー/ドラマ
母親の運転する車が事故を起こし、父親が亡くなった。その葬儀の席で主人公は初めて女兄弟に出会い、恋に落ちてしまう。そして、父親の死が事故ではなく母親と恋人の手による殺人だったと知り、2人は復讐を誓う。監督はハンガリーの新鋭コーネル・ムンドルッツォ。

監督:コーネル・ムンドルッツォ
出演:Felix Lajko、Orsolya Toth、Lili Monori 他


Entre les Murs フランス/ドラマ

人種や貧窮など様々な問題を抱えた地域の高校を舞台に、生徒たちの問題に正面から立ち向かうフランス語教師の姿を描く。フランス映画界の新鋭がカンヌ映画祭初登場。

監督:ローラン・カンテ
出演:Francois Begaudeau 他


Gomorra イタリア/ドラマ・犯罪

ナポリの裏社会を牛耳るマフィア“カモラ”の実態を内側から描き、イタリアだけで130万部を売ったという、ロベルト・サヴィアノのベストセラー小説の映画化。監督はイタリア映画界の新鋭マッテオ・ガッローネ。

監督:マッテオ・ガッローネ
出演:トニー・セルヴィッロ、Gianfelice Imparato 他


Il Divo イタリア/伝記・ドラマ

戦後以来イタリア政界で幅を利かせ、「ゴッドファーザーPART III」の登場人物、黒幕の政治家ドン・ルケージのモデルとなった現存の政治家ジュリオ・アンドレオッティの半生を映画化。Paolo Sorrentino監督は、今作で三度目のパルム・ドール候補。

監督:Paolo Sorrentino
出演:トニー・セルヴィッロ、アンナ・ボナイウート、ピエラ・デッリ・エスポスティ 他


La Mujer sin cabeza アルゼンチン・フランス/ドラマ・スリラー

ある女性が高速道路で何かを轢いてしまう。それは人間だったのではないか。夫とともに現場へ戻るとそこには犬の死骸しかなかった。悪夢は終わったかにみえたが、今度は本物の人間の死体が発見され……。

監督:ルクレシア・マルテル
出演:Maria Onetto、Claudia Cantero、Ines Efron 他


La Frontiere de l'aube フランス/ドラマ

人気スター、キャロルの夫は彼女を残しハリウッドへ。そんなキャロルのもとに、新聞社のカメラマンが訪れる。キャロルは、彼女のルポルタージュを作るためにやってきたというカメラマンと関係を持ち……。フィリップ・ガレル監督が前作に続き、息子のルイ・ガレルを主演に起用。

監督:フィリップ・ガレル
出演:ルイ・ガレル、ローラ・スメット、クレマンティーヌ・ポワダッツ 他


La Silence de Lorna ベルギー・フランス/ドラマ

アルバニア人のローラは暗黒街のファビオと共謀し、麻薬中毒者との偽装結婚でベルギー国籍を取得。さらに、ファビオはローラを金払いのいいロシア人マフィアと結婚させるため、最初の結婚相手を殺そうと企てる。果たしてローラは沈黙を守ることができるのか……。監督は、「ロゼッタ」「ある子供」で二度のパルム・ドールを受賞したダルデンヌ兄弟。

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
出演:Arta Dobroshi、ジェレミー・レニエ、ファブリティオ・ロンジョーネ 他


Leonera アルゼンチン/ドラマ

ある朝、ジュリアが目覚めるとラミロは血まみれに、ナウエルは死んでいた。恋人の子供を身ごもっていたジュリアだが殺害容疑の判決がくだされるまでの間、妊婦用の監房に入ることになるのだが……。

監督:Pablo Trapero
出演:Elli Medeiros、Martina Gusman、ローラ・ガルシア 他


Uc Maymun トルコ・フランス・イタリア/ドラマ

耐え難い真実から目をそらす家族たち。そのことに対して三猿(見ざる、聞かざる、言わざる)を貫くことに……。果たしてそれで真実は無となるのか。監督は、カンヌ映画祭常連のヌリ・ビルゲ・ジェイラン。

監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
出演:ヤウス・ビンギョル、ハティス・アスラン、エルジャン・ケーサル 他


Linha de passe ブラジル・アメリカ/ドラマ

2000万人が住む大都会サンパウロで、家政婦をしている母から生まれた父親の違う4人兄弟のそれぞれの生き方を描く。監督は、「セントラル・ステーション」でベルリン映画祭金熊賞を受賞したウォルター・サレス。

監督:ウォルター・サレス
出演:ヴィニシウス・デ・オリヴェイラ、Kaique Jesus Santos、Jose Garaldo Rodrigues 他


My Magic フィリピン/ドラマ

フランシスは、妻に去られて以来、傷心を酒で紛らわす日々を送っていた。10歳の息子はそんな父親を腹立たしく思っている様子。息子の愛を取り戻すため、フランシスは、昔の仕事、マジシャンに戻ろうとする……。監督はシンガポールの新鋭エリック・クー。

監督:エリック・クー
出演:Francis Bosco、Jathishweran Naidu 他


Serbis フィリピン/コメディ・ドラマ

ピンク映画の2本立てを上映する映画館で住み込みの管理人をしているピネダ家。一家の長であるナナイ・フロは、疎遠な夫に対して重婚裁判中。長年の審理の結果が、ついに……。監督はフィリピンの新鋭Brillante Mendoza。

監督:Brillante Mendoza
出演:Gina Pareno、Kristofer King、Coco Martin 他


Synechdoche, New York アメリカ/コメディ・ドラマ

舞台演出家のコタールは新作の準備を進めていた。目下の悩みは、いかにしてニューヨークの街をスタジオ内に再現するか。マンハッタンのスタジオにキャストを結集させたが……。「マルコヴィッチの穴」「エターナル・サンシャイン」の脚本家の監督デビュー作。

監督:チャーリー・カウフマン
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、ミシェル・ウィリアムズ、ジェニファー・ジェイソン・リー 他


The Changeling アメリカ/ドラマ

誘拐された息子・ジェフリーが戻ってきた。しかし、母親のクリスティーン・コリンズの喜びも束の間。息子の姿をした別人だと気がつき……。クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演による注目作。

監督:クリント・イーストウッド
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、マイケル・ケリー 他


The Palermo Shooting アメリカ・ドイツ・イタリア/ロマンス
世界的な名声をつかんでいるフォトグラファーは、中年の危機を乗り切るためにドイツのデュッセルドルフからイタリアのパレルモを旅することに。旅の途中で、一人の女性と出会い……。監督は「パリ、テキサス」でパルム・ドールに輝いたヴィム・ヴェンダース。

監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:デニス・ホッパー、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ジャナ・パラスキー 他


Two Lovers アメリカ/ドラマ

ニューヨーク、ブルックリン。両親の決めたフィアンセとの結婚をためらうレオナルド。隣に引っ越してきた美しく移り気な女性への狂おしい思いに、正直になるべきか逆らうべきか、彼は心を決められないでいた。ジェームズ・グレイ監督は、今作で3度目のパルム・ドール候補。

監督:ジェームズ・グレイ
出演:ホアキン・フェニックス、グウィネス・パルトロー、ヴィネッサ・ショウ 他


Un conte de Noel フランス/コメディ・ドラマ

息子ジョゼフが幼くして亡くなったものの、3人の子どもに恵まれたヴィヤード夫妻。3人の子どもたちは成長したが、家族の間には不協和音が漂っていた。そんなとき、母親ジュノンが白血病に冒され……。アルノー・デプレシャン監督は、今作で二度目のパルム・ドール候補。

監督:アルノー・デプレシャン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャン=ポール・ルシヨン、マチュー・アマルリック 他


Waltz With Bashir イスラエル・フランス・ドイツ/アニメ・ドキュメンタリー

1980年代の始めに起こったレバノン戦争に出兵した経験を持つアリ・フォルマンが、自分を主人公にして、戦争の記憶を取り戻すために世界中の友人達に会いに行く姿を幻想的に描いたアニメーション作品。

監督:アリ・フォルマン




 カンヌ映画祭 2008 受賞結果

2008年5月25日、第61回カンヌ映画祭の授賞式が行われました。


▲ パルムドールに輝いたローラン・カンテ監督

コンペティション部門の最高賞パルムドールは、フランスのローラン・カンテ監督の「Entre les Murs」。フランス人監督のパルムドール獲得はロマン・ポランスキー監督(「戦場のピアニスト」)以来6年ぶり。フランス映画としては、「悪魔の陽の下に」以来、21年ぶりの快挙になります。

審査委員長のショーン・ペンは、「授賞の理由のひとつは、作品の完ぺきな一体化にある」と説明。「演技、脚本、挑発、寛大さ、すべてが魔法だ。単純に、誰かに見せたい映画であるうえ、テーマ性も時代や場所を超え、心に響く」と絶賛しました。

パルムドールに次ぐグランプリには、イタリアのマッテオ・ガッローネ監督の「Gomorra」が選ばれました。男優賞は、「Che」で革命家チェ・ゲバラを熱演したベニチオ・デル・トロ、女優賞は「Linha de passe」のサンドラ・コルヴェローニが受賞しています。また、カトリーヌ・ドヌーヴクリント・イーストウッドに、第61回特別賞が贈られました。


▲ 左は男優賞のベニチオ・デル・トロ。右は第61回特別賞を受賞したカトリーヌ・ドヌーヴ。


第61回カンヌ映画祭 受賞結果

■ パルムドール(最高賞)
Entre les Murs
 
ローラン・カンテ監督/フランス

■ グランプリ
Gomorra
 マッテオ・ガッローネ監督/イタリア

■ 監督賞
ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
 
「Uc Maymun」/トルコ・フランス・イタリア

■ 男優賞
ベニチオ・デル・トロ
 「Che」/スペイン・アメリカ

■ 女優賞
サンドラ・コルヴェローニ
 「Linha de passe」/ブラジル・アメリカ

■ 脚本賞
ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
 「La Silence de Lorna」/ベルギー・フランス

■ 審査員賞
Il Divo
 
パオロ・ソレンティーノ監督/イタリア

■ 新人監督賞
Hunger
 スティーヴ・マックィーン監督/イギリス

■ 第61回特別賞
カトリーヌ・ドヌーヴ
クリント・イーストウッド


▼ SPONSORED LINK


カンヌ映画祭  HOME