フランス国内の主な映画賞

 リュミエール賞 Les Prix Lumiere
パリに在駐する約50ヶ国を代表するジャーナリスト約200人によって選ばれるフランスの映画賞。アメリカのゴールデン・グローブ賞にならって、1996年に創設された。


■ 2009年
作品賞 「Entre les murs」
監督賞 フランソワ・デュペイロン
「Aide-toi et le ciel t'aidera」
男優賞 ヴァンサン・カッセル
「Mesrine」
女優賞 ヨランド・モロー
「Seraphine」
若手男優賞 Mohamed Bouchaib
「Mascarades」
若手女優賞 Nora Arnezeder
「Faubourg 36」
脚本賞 「J'ai toujours reve d'etre un gangster」


■ 2008年
作品賞 「潜水服は蝶の夢を見る」 潜水服は
蝶の夢を見る



エディット・ピアフ
愛の讃歌
監督賞 アブドゥラティフ・ケシシュ
「La graine et le mulet」
男優賞 マチュー・アマルリック
「潜水服は蝶の夢を見る」
女優賞 マリオン・コティヤール
「エディット・ピアフ 愛の讃歌」
若手男優賞 Jocelyn Quivrin
「99F」
若手女優賞 Hafsia Herzi
「La graine et le mulet」
脚本賞 「La Chambre des morts」


■ 2007年
作品賞 「Ne le dis a personne」 レディ・チャタレー


デイズ・オブ
・グローリー

監督賞 パスカル・フェラン
「レディ・チャタレー」
男優賞 ジェラール・ドパルデュー
「Quand j'etais chanteur」
女優賞 マリナ・ハンズ
「レディ・チャタレー」
若手男優賞 ジュリアン・ボワッスリエ
「心配しないで」
若手女優賞 メラニー・ロラン
「心配しないで」
脚本賞 「デイズ・オブ・グローリー」


■ 2006年
作品賞 「真夜中のピアニスト」 真夜中のピアニスト


恋人たちの
失われた革命

監督賞 フィリップ・ガレル
「恋人たちの失われた革命」
男優賞 ロマン・デュリス
「真夜中のピアニスト」
女優賞 イザベル・ユペール
「Gabrielle」
若手男優賞 Johan Libereau
「Douches froides」
若手女優賞 Fanny Valette
「La petit Jerusalem」
脚本賞 「隠された記憶」


■ 2005年
作品賞 「コーラス」 コーラス


キングス&クイーン
監督賞 ジャン=ピエール・ジュネ
「ロング・エンゲージメント」
男優賞 マチュー・アマルリック
「キングス&クイーン」
女優賞 エマニュエル・デゥヴォス
「キングス&クイーン」
若手男優賞 ダミアン・ジュイユロ
「Les Fautes d'orthographe」
若手女優賞 ローラ・ネマルク
「クレールの刺繍」
マリルー・ベリ
「みんな誰かの愛しい人」
脚本賞 「L'Esquive」


■ 2004年
作品賞 「ベルヴィル・ランデブー」 ベルヴィル・ランデブー


巴里の恋愛協奏曲
監督賞 アラン・レネ
「巴里の恋愛協奏曲」
男優賞 ブリュノ・トデスキーニ
「ソン・フレール 兄との約束」
女優賞 シルヴィー・テステュー
「Stupeur et tremblements」
若手男優賞 グレゴリ・デランジェール
「ボン・ヴォヤージュ」
若手女優賞 Sasha Andres
「Elle est des notres」
脚本賞 「Depuis qu'Otar est parti」


■ 2003年
作品賞 「ホロコースト アドルフ・ヒトラーの洗礼」 ホロコースト アドルフ・ヒトラーの洗礼


8人の女たち

監督賞 フランソワ・オゾン
「8人の女たち」
男優賞 ジャン・ロシュフォール
「列車に乗った男」
女優賞 イザベル・カレ
「記憶の森」
若手男優賞 ギャスパー・ウリエル
「Embrassez qui vous voudrez」
若手女優賞 セシル・ドゥ・フランス
「スパニッシュ・アパートメント」
脚本賞 「スパニッシュ・アパートメント」


■ 2002年
作品賞 「アメリ」 アメリ


インティマシー 親密
インティマシー 親密
監督賞 パトリス・シェロー
「インティマシー / 親密」
男優賞 ミシェル・ブーケ
「Comment j'ai tue mon pere」
女優賞 オドレイ・トトゥ
「アメリ」
若手男優賞 Abdel Halis
「17, rue Bleue」
若手女優賞 ラシダ・ブラクニ
「女はみんな生きている」
脚本賞 「アメリ」


■ 2001年
作品賞 「ムッシュ・カステラの恋」 ムッシュ・カステラの恋


発禁本
発禁本 無修正版
監督賞 アニエス・ジャウイ
「ムッシュ・カステラの恋」
男優賞 ダニエル・オートゥイユ
「発禁本 SADE」
女優賞 イザベル・ユペール
「ココアをありがとう」
若手男優賞 ジャリル・レスペール
「ヒューマンリソース」
若手女優賞 イジルド・ル・ベスコ
「発禁本 SADE」
脚本賞 「ムッシュ・カステラの恋」


■ 2000年
作品賞 「ジャンヌ・ダルク」 ジャンヌ・ダルク


ヴィーナス・ビューティ

監督賞 リュック・ベッソン
「ジャンヌ・ダルク」
男優賞 フィリップ・トレトン
「今日から始まる」
女優賞 カリン・ヴィアール
「Haut les coeurs!」
若手男優賞 ロマン・デュリス
「パリの確率」
若手女優賞 オドレイ・トトゥ
「エステサロン ヴィーナス・ビューティ」
脚本賞 「ブッシュ・ド・ノエル」


■ 1999年
作品賞 「天使が見た夢」 天使が見た夢
天使が見た夢
監督賞 エリック・ゾンカ
「天使が見た夢」
男優賞 ジャック・ヴィユレ
「奇人たちの晩餐会」
女優賞 エロディ・ブシェーズ
「天使が見た夢」
脚本賞 「奇人たちの晩餐会」


■ 1998年
作品賞 「マルセイユの恋」 フィフス・エレメント
監督賞 リュック・ベッソン
「フィフス・エレメント」
男優賞 ミシェル・セロー
「Rien ne va plus」
女優賞 ミュウ=ミュウ
「ドライ・クリーニング」
脚本賞 「Western」


■ 1997年
作品賞 「リディキュール」 リディキュール

監督賞 セドリック・クラピッシュ
「家族の気分」
男優賞 シャルル・ベルリング
「リディキュール」
女優賞 ファニー・アルダン
「リディキュール」
脚本賞 「家族の気分」


■ 1996年
作品賞 「憎しみ」 憎しみ

監督賞 マチュー・カソヴィッツ
「憎しみ」
男優賞 ミシェル・セロー
「とまどい」
女優賞 イザベル・ユペール
「沈黙の女 / ロウフィールド館の惨劇」
脚本賞 「彼女の彼は、彼女」


▼ SPONSORED LINK


フランス国内の主な映画賞  HOME