恐怖の報酬
恐怖の報酬
恐怖の報酬(1953年)
手に汗にぎる傑作サスペンス
南米の油田で発生した大火災を消火するため、ニトログリセリンをトラックで運ぶ4人の男たちの姿を描いた、アンリ=ジョルジュ・クルーゾ監督の代表作。男たちの命をかけたサバイバルの旅が、スリリングに進行していきます。主演はイヴ・モンタン。カンヌ映画祭パルムドール、ベルリン映画祭金熊賞受賞。

レビューを読む

ぼくの伯父さん
ぼくの伯父さん
ぼくの伯父さん(1958年)
のほほんとしたタチワールドに脱力
超モダンな邸宅に住む社長の息子ジェラールは、無職でのんびり屋の伯父ユロ氏と遊ぶのが大好き。アルベル夫妻は気ままなユロ氏に結婚相手を紹介したり、就職させようとするが……。ジャック・タチ監督の脱力系の笑いに心が癒されます。洗練された建築やインテリアも魅力的。カンヌ映画祭グランプリ、アカデミー賞外国語映画賞受賞。

レビューを読む

大人は
判ってくれない

あこがれ・大人は判ってくれない〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選1〕
大人は判ってくれない(1959年)
名匠フランソワ・トリュフォーのデビュー作
パリの下町に住む少年アントワーヌは、家庭でも学校でも自分の居場所を見つけることができない。学校をさぼり、家出をし、金に困っては盗みを働き、ついには少年鑑別所へ送られてしまう……。トリュフォー監督はこの作品の成功により、ヌーヴェル・ヴァーグの旗手として脚光を浴びるようになりました。カンヌ映画祭監督賞受賞。

レビューを読む

シェルブールの雨傘
シェルブールの雨傘
シェルブールの雨傘(1963年)
主演のカトリーヌ・ドヌーヴが初々しく可憐
ジャック・ドゥミ監督によるミュージカルの不朽の名作。傘屋の娘ジュヌヴィエーヴと自動車修理工のギイは恋におち、結婚を誓い合う。楽しい時間はつかの間、ギイに召集令状が届き、ふたりは離れ離れに……。美術、衣装、音楽の全てが素晴らしく、見ているほうをロマンティックな気分にさせてくれます。カンヌ映画祭パルムドール受賞。

レビューを読む

男と女
男と女 特別版
男と女(1966年)
1960年代を代表する恋愛映画
妻に自殺されたレーサーの男と、スタントマンの夫と死別した女が、互いの過去を引きずりながらも惹かれあっていく姿を描く大人の恋の物語。有名な主題曲と、洗練された映像で、大人のムーディな気分を味わえる一本。クロード・ルルーシュ監督の出世作です。カンヌ映画祭パルムドール、アカデミー外国語映画賞受賞。

レビューを読む

ママと娼婦
ママと娼婦
ママと娼婦(1973年)
ジャン・ユスターシュ監督の不朽の名作
パリの若者たちの愛情生活を背景に、ふたりの女性に心をひかれる男の姿を描いた恋愛ドラマ。1970年代初頭のパリの空気を見事にとらえたと評され、フランス映画史上の伝説と化した作品です。43歳の若さで夭折したジャン・ユスターシュ監督の長編デビュー作。カンヌ映画祭グランプリ受賞。

レビューを読む

美しき諍い女
美しき諍い女 無修正版
美しき諍い女(1991年)
老画家と美しいモデルの魂のぶつかりあい
南フランスで隠居生活を送っていた老画家は、ある美しい女性と出会ったことで、彼女をモデルに10年前の未完成作品「美しき諍い女」の完成に向けて絵筆を取る……。画家とモデルの魂のせめぎあいと、精神的な闘いが繰り広げられます。芸術を生み出す過程を描く、緊迫感のある一本。カンヌ映画祭グランプリ受賞。

レビューを読む

八日目
八日目
八日目(1996年)
エリートビジネスマンとダウン症の青年の友情
仕事に明け暮れて、妻子に逃げられてしまったエリート・ビジネスマンの男と、ママに会いたくて施設を飛び出したダウン症の青年の心の交流を描く感動作。ふたりは互いの孤独を知り、心を通じ合わせるようになっていきます。主演のダニエル・オートゥイユとパスカル・デュケンヌが、カンヌ映画祭男優賞をダブル受賞。

レビューを読む

天使が見た夢
天使が見た夢
天使が見た夢(1998年)
繊細に揺れ動くふたりの少女の心
自由で屈託のないリザと不機嫌で反抗的なマリー。対照的なふたりの少女の恋愛や孤独感を描く青春ドラマ。一度こじれてしまうと、なかなか修復できない女同士の友情は、痛々しく切ない。主演のエロディ・ブシェーズとナターシャ・レニエが、カンヌ映画祭女優賞をダブル受賞。

レビューを読む

ロゼッタ
ロゼッタ
ロゼッタ(1999年)
監督は、カンヌ映画祭常連のダルデンヌ兄弟
ロゼッタは粗末なトレーラーハウスで、アル中の母親とふたり暮らし。彼女はそんな生活から抜け出したいと思いつつも、母親を捨てることはできない。ロゼッタはある日、理由もなくいきなり職場を解雇されてしまう……。厳しい現実と闘いながら、普通の生活を手にいれようともがく少女の姿を描きます。カンヌ映画祭パルムドール受賞。

レビューを読む

ピアニスト
ピアニスト
ピアニスト(2001年)
鬼気迫るストーリー展開に心が震える一本
ピアノ教授・エリカは、コンサートピアニストを目指し、母親の極度の干渉を受けながら暮らしてきた。しかし夢はかなわず、やがて倒錯的性癖を隠し持つようになる。そんなある日、一人の青年から好意を寄せられるようになるが……。カンヌ映画祭グランプリのほか、主演のイザベル・ユペールとブノワ・マジメルが、女優賞と男優賞をダブル受賞。

レビューを読む




フランス映画・セレクション  HOME