フランス映画 映画賞受賞作品セレクション

■ 伝記 フランス映画セレクション

エディット・ピアフ
~愛の讃歌~

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)
エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜(2007年)
エディット・ピアフの47年の人生を描いた感動作。パリの貧困地区で生まれ育ったピアフ。名門クラブのオーナーに見出され、クラブの舞台に立つ。殺人の容疑者、恋人の死など、数々の困難に直面しながらも成功を収めていった彼女は、生涯を通じて歌うことは一度もやめなかった。マリオン・コティヤールがアカデミー賞主演女優賞。
サガン
悲しみよ こんにちは

サガン-悲しみよ こんにちは- [DVD]
サガン 悲しみよこんにちは(2008年)
デビュー作「悲しみよ こんにちは」が世界的ベストセラーとなり、わずか18歳で富と名声を手に入れた作家フランソワーズ・サガンの栄光と転落の人生を描く。派手な私生活、ギャンブル、生死をさまよう事故、ドラッグでの有罪判決など、波乱万丈な人生そのものが最高のスキャンダルだった。
潜水服は蝶の夢を見る
潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】
潜水服は蝶の夢を見る(2007年)
突然の病に倒れ、身体の自由を奪われてしまったELLEの元編集長ジャン=ドミニク・ボビーが、全身の中で唯一動く左目の瞬きだけで綴った奇跡の自伝ベストセラーを映画化した感動ドラマ。主演はマチュー・アマルリック。カンヌ映画祭監督賞。
カミーユ・クローデル
カミーユ・クローデル
カミーユ・クローデル(1989年)
19世紀末、愛と芸術の葛藤の中で生きたカミーユ・クローデルの半生を描く。近代彫刻家の巨匠ロダンの弟子となったカミーユは、内縁の妻のいるロダンと愛し合うようになる……。主演はイザベル・アジャーニ。セザール賞作品賞、主演女優賞。ベルリン映画祭女優賞。
モンパルナスの灯
モンパルナスの灯
モンパルナスの灯(1958年)
1910年代のモンパルナスを舞台に、肺結核に冒され、貧窮の身を酒で紛らわせ堕落した毎日を送る、天才画家モディリアニの苦悩と悲恋に満ちた生涯を描く。監督はジャック・ベッケル。主演はジェラール・フィリップ。
ナポレオン
ナポレオン
ナポレオン(1926年)
映画史上に残るアベル・ガンス監督の歴史大作を、フランシス・フォード・コッポラ監督が音楽演奏付きで復元したサイレント映画。英雄ナポレオンの寄宿学校での少年時代に始まり、輝かしいイタリア遠征の勝利までを綴る。
裁かるゝジャンヌ
裁かるゝジャンヌ クリティカル・エディション
裁かるるジャンヌ(1928年)
フランスの歴史に名高い少女ジャンヌ・ダルクを描いたサイレント映画の代表作。デンマーク映画の巨匠カール・T・ドライヤーが、ジョゼフ・デルテイユの小説を映画化。ジャンヌの苦しみを劇的な音楽とリアルな描写で綴る。稀有の芸術映画として世界中から絶賛された。
ボーマルシェ
フィガロの誕生

ボーマルシェ/フィガロの誕生
ボーマルシェ/フィガロの誕生(1996年)
フランス絶対王政末期に活躍した劇作家ボーマルシェ。パリの時計職人の息子として生まれ、王室の時計師となり、さらに買官で貴族を手に入れる。劇作家だけでなく、実業家、発明家、国際スパイとして活躍した波乱万丈の半生を描く。
レンブラント
レンブラント
レンブラントへの贈り物(1999年)
17世紀オランダを代表する画家レンブラントの波乱に満ちた画家人生と愛の軌跡を描く。若くして才能を認められ、時代の寵児となったレンブラント。しかし、息子が生まれてまもなく、妻を亡くし、絶望するレンブラントを息子の乳母ヘルティエが献身的に支えるのだが……。


▼ SPONSORED LINK


フランス映画・セレクション  HOME