フランス映画 映画賞受賞作品セレクション

■ コメディ フランス映画セレクション

アメリ
アメリ
アメリ(2001年)
モンマルトルの街で夢見がちに生きる、一風変わった女の子の大人への成長と、彼女の周りにいるちょっとヘンな人々の幸せを描く、とびきりキュートな作品。フランス、そして日本でも驚異的なヒットを記録し、「アメリ旋風」を巻き起こした。
Mr.レディ Mr.マダム
Mr.レディ Mr.マダム
Mr.レディ Mr.マダム(1978年)
人気オカマクラブを経営するオカマカップル、レナトとアルバン。レナトが20年前の過ちでもうけたひとり息子が、政治家の娘と結婚することになる。息子のため、ノーマルな夫婦を演じようとするレナトとアルバンだったが……。世界中で大ヒットした傑作コメディ。
ぼくの伯父さん
ぼくの伯父さん
ぼくの伯父さん(1958年)
超モダンな邸宅に住む社長アルベル氏の息子ジェラールは、無職でのんびり屋の伯父さんユロ氏と遊ぶのが大好き。アルベル夫妻は気ままなユロ氏に結婚相手を紹介したり、就職させようとするが……。カンヌ映画祭グランプリ、アカデミー賞外国語映画賞。
地下鉄のザジ
地下鉄のザジ
地下鉄のザジ(1960年)
パリの叔父さんに預けられた10歳の少女ザジ。ザジの願いは地下鉄に乗ることだったのに、あいにく地下鉄はスト中……。いたずら好きなザジが大人たちを翻弄しながら、パリの街を駆けめぐるドタバタコメディ。監督はルイ・マル。
女は女である
女は女である HDリマスター版
女は女である(1961年)
ジャン=リュック・ゴダール監督によるミュージカル・コメディへのオマージュ。「24時間以内に子供が作りたい!」。アンジェラは子供がほしいのに、同棲中のエミールは乗り気じゃない。そこへアンジェラに気のある男が現れ……。
奇人たちの晩餐会
奇人たちの晩餐会 リマスター版
奇人たちの晩餐会(1998年)
出版業を営むピエールは、毎週行われる、バカな人間を招待しては仲間で笑いものにするという晩餐会を楽しみにしている。今回はマッチ棒の工作が趣味という小男を見つけたのだが……。ヨーロッパ全土で1000万人を動員したという大ヒット作。
TAXi
TAXi
TAXi(1997年)
スピード狂のタクシー・ドライバーとちょっとマヌケな刑事のコンビが繰り広げるカー・アクション・コメディ。改造した愛車“プジョー406”で爆走するタクシー・ドライバーのダニエルは、スピード違反で逮捕されるが、違反取り消しを交換条件に事件の捜査に協力することに。
8人の女たち
8人の女たち デラックス版
8人の女たち(2002年)
雪に閉ざされた大邸宅で、その家の主人マルセルが殺害される。クリスマスで集まった家族は、メイドを含めて8人の女たち。皆、マルセルに複雑な思いを持つ者ばかりで、外部から侵入した形跡もない。殺したのはいったい誰?監督はフランソワ・オゾン。
サン・ジャックへの道
サン・ジャックへの道
サン・ジャックへの道(2005年)
聖地サンティアゴまでの巡礼路を歩いて向かう旅で、人々の心の触れ合いを爽やかに描いたハートウォーミングストーリー。亡き母親の遺産を相続するため、1500kmもの巡礼路を一緒に歩くことになった険悪な3兄弟だったが……。監督はコリーヌ・セロー。
メルシィ!人生
メルシィ!人生
メルシィ!人生(2000年)
冴えない中年男ピニョンが、20年も勤めた会社からリストラを勧告されてしまう。しかし彼はとんでもない手段で立ち直り、周りの人々を巻き込んでいく。「奇人たちの晩餐会」のフランシス・ヴェベール監督によるヒューマン・コメディ。主演はダニエル・オートゥイユ。
ペダル・ドゥース
ペダル・ドゥース
ペダル・ドゥース(1997年)
昼間はビジネスマン、夜はゲイクラブで女装するアドリアン。彼は顧客との商談のため、ゲイクラブの女オーナーに妻を演じてもらうが、顧客は彼女に一目惚れしてしまう。ファニー・アルダンが、ゲイクラブの女オーナーを怪演したラブコメディ。
世界でいちばん
不運で幸せな私

世界でいちばん不運で幸せな私
世界でいちばん不運で幸せな私(2003年)
幼い頃に始めたゲームが原因で、互いに愛情を伝えることができない幼なじみの男女の姿を描くラブコメディ。ジュリアンとソフィーは小学校の同級生。ひょんなことからあるゲームを始めたふたりだったが、それは次第にエスカレートしていく。
恋は足手まとい
恋は足手まとい
恋は足手まとい(2005年)
歌姫のリュセットはプレイボーイのエドワールに夢中。しかし、エドワールはリュセットに内緒で伯爵令嬢との結婚を決めていた。エドワールは、リュセットに別れを切り出せないまま、婚約式を迎えることに……。ふたりのしたたかな恋の駆け引きをユーモラスに描く。
殿方ご免遊ばせ
殿方ご免遊ばせ
殿方ご免遊ばせ(1957年)
ミシェル・ボワロン監督がブリジット・バルドーの魅力を存分に引き出したコメディ。首相の一人娘ブリジットは、官房長ミシェルにしつこくつきまとい、ついに結婚するのだが、彼の派手な女性関係に腹を立て、自分も浮気してやろうと思いたつ。
愛すべき女・女たち
愛すべき女・女たち
愛すべき女・女たち(1967年)
ジャン=リュック・ゴダールをはじめ、ヨーロッパの名匠が娼婦たちの愛の物語をコミカルに綴ったオムニバス。原題が意味する“世界一古い職業(=娼婦)”のそれぞれの時代の姿を描く。ジャンヌ・モロー、アンナ・カリーナら、時代を代表するキャストの出演も注目。
俺たちは天使だ
俺たちは天使だ
俺たちは天使だ(1995年)
元ギャングのカルコと、堅物のタラン神父。正反対のふたりが偶然出会ってしまったことから、カルコには善の天使、タランには悪の天使がとりつき、大騒動へと発展してしまう。ジャン=マリー・ポワレ監督によるファンタジーコメディ。
デリカテッセン
デリカテッセン (ユニバーサル・セレクション第3弾) 【初回生産限定】
デリカテッセン(1991年)
ジャン=ピエール・ジュネ監督の長編デビュー作。最終戦争で荒廃したパリを舞台に、人肉で生き長らえる人間たちの姿を描くSFコメディ。シュールな世界観とブラックユーモア、奇抜なアイデアなどにあふれた新感覚の作品。セザール賞作品賞。


▼ SPONSORED LINK


フランス映画・セレクション  HOME