監 督 男 優 女 優

■ ジェラール・フィリップ セレクション
仏映画界を代表するスター。「花咲ける騎士道」で演じたファンファンは彼の愛称となった。
-->> プロフィールをみる

白痴
白痴
白痴(1945年)
ドストエフスキーの同名小説を映画化。ジェラール・フィリップが精神疾患を持つ公爵を見事に演じた作品。誠実で純粋なムイシュキン公爵は、彼の理想と現実の間の矛盾に激しく葛藤し、ついに恋人の死を招いてしまった彼は発狂してしまう。
星のない国
星のない国
星のない国(1946年)
100年前に起きた事件を探っていたシモンは、とある村に辿り着く。彼はそこで美しい女性カトリーヌと出会うが、実は彼女とは不思議な運命で結ばれていた……。ジェラール・フィリップ出演の数奇な運命の物語。
パルムの僧院
パルムの僧院 《完全版》
パルムの僧院(1947年)
フランスを代表する文豪、スタンダールの同名小説を映像化した冒険活劇。1815年。ナポリからパルムへ帰ってきたファブリスを快く迎えた伯母。しかし、伯母は次第に肉親としてではなく、一人の男性としてファブリスを見るようになり……。
美しき小さな浜辺
美しき小さな浜辺
美しき小さな浜辺(1948年)
雨が降る海辺のホテルに現れた陰のある青年。彼の出現により、ホテル内の人間関係が微妙に変化していく……。哀しい運命を背負った青年を、ジェラール・フィリップが好演。監督はイヴ・アレグレ。
すべての道はローマへ
すべての道はローマへ
すべての道はローマへ(1948年)
ジェラール・フィリップがコミカルな学者に挑戦したコメディ。米国から豪華客船に乗って来た映画スター・ローラは、別件で掛けつけた記者に見つかり騒ぎに巻き込まれてしまう。一方、学者・ペガスは、ローラの電話を誤解し、彼女が命を狙われていると思い……。
悪魔の美しさ
悪魔の美しさ
悪魔の美しさ(1949年)
ルネ・クレール監督が“ファウスト伝説”を映画化。19世紀初頭、大学教授ファウスト博士は、悪魔の使いであるメフィストに、魂を売る契約書のサインを迫られる。OKした彼は、青年に姿を変え、宮廷に迎え入れられるが……。
輪舞
輪舞(ロンド)
輪舞(1950年)
アルトゥール・シュニッツラーの原作をマックス・オフュルスが映画化。ヴェネチア映画祭で原作・脚本賞を受賞した不思議な感覚の恋愛ドラマ。1900年のウィーンを舞台に娼婦と兵士を振り出しに、男と女の10のエピソードをリレー形式で描く。
愛人ジュリエット
愛人ジュリエット
愛人ジュリエット(1950年)
マルセル・カルネ監督による幻想的な恋愛ドラマ。恋人とのデートのために、勤務先の金に手を出し、投獄されたミシェル。ある日彼は、牢獄の扉から差し込むある光に気付く。扉を開けると、そこには“忘却の国”が広がっていた……。
夜ごとの美女
夜ごとの美女
夜ごとの美女(1952年)
ルネ・クレール監督の現実と夢の交錯を描いたコメディ。貧しい音楽教師のクロードは憂鬱なことだらけの毎日に失望する日々を送っていた。しかし彼は、ふと迷いこんだ夢の世界で、美女たちと恋を囁きあい、素晴らしい歓びを見出すようになる。
花咲ける騎士道
花咲ける騎士道
花咲ける騎士道(1952年)
ジェラール・フィリップの代表作にして、“ファンファン”の愛称を生んだ人気作。18世紀、募兵官の娘・アドリーヌの甘言に乗せられ、戦場へ向かったファンファン。そこでかつて危難から救った王女の城付近への駐在が決まるのだが……。
七つの大罪
七つの大罪
七つの大罪(1952年)
クロード・オータン・ララ、ロベルト・ロッセリーニなど、フランスやイタリアの監督たちが聖書につづられた「七つの大罪」をテーマに映画化したオムニバス。各話をつなげる狂言回しとしてジェラール・フィリップが登場している。
狂熱の孤独
狂熱の孤独
狂熱の孤独(1953年)
ジェラール・フィリップがそれまでのイメージを覆した異色作。焼け付くような日光が降り注ぐメキシコの漁村。元医師のジョルジュは、妻の死後、酒浸りの生活を送っていた。そんな時、フランス人夫婦がメキシコを訪れ……。
赤と黒
赤と黒
赤と黒(1954年)
スタンダールの名作文学を、クロード・オータン・ララ監督が映画化。1820年代のフランス。野心に燃え、上流社会に出入りするようになった下層階級の青年ジュリアンは、レナール夫人に愛されながらも貴族令嬢マチルドを誘惑したことから、やがて挫折の道をたどる。
男の世界
男の世界
男の世界(1956年)
ジェラール・フィリップが、ダム建設の実現に挑むエネルギッシュな青年を熱演した感動ドラマ。巨大ダム建設現場へ仕事を求めてきた青年・ペラン。優秀な彼は、みんなの尊敬を受け総監督として仕事を続けていたが……。
奥様ご用心
奥様ご用心
奥様ご用心(1957年)
エミール・ゾラの原作をジュリアン・デュヴィヴィエ監督が映画化。19世紀後半のパリを舞台に、田舎から出てきた野心家の青年・オクターブの、プレイボーイぶりや失敗を通し、パリで最初の百貨店を作り成功するまでの姿を描く。
モンパルナスの灯
モンパルナスの灯
モンパルナスの灯(1958年)
1910年代のモンパルナスを舞台に、肺結核に冒され、貧窮の身を酒で紛らわせ堕落した毎日を送る、天才画家モディリアニの苦悩と悲恋に満ちた生涯を描く。監督はジャック・ベッケル。
勝負師
勝負師
勝負師(1958年)
ロシアの文豪・ドストエフスキーの原作「賭博者」を基に、クロード・オータン=ララ監督が映画化した人間ドラマ。人生の全てをルーレットに託した青年をジェラール・フィリップが熱演。
危険な関係
危険な関係
危険な関係(1959年)
外交官ヴァルモンと妻のジュリエットは、互いに愛し合いながらも、自由な恋愛を楽しみ、その秘め事の報告をし合う関係だった。しかし、次第にふたりの歯車は狂っていく……。ジェラール・フィリップとジャンヌ・モローの2大スター共演。
熱狂はエル・パオに達す
熱狂はエル・パオに達す
熱狂はエル・パオに達す(1959年)
36歳の若さでこの世を去ったジェラール・フィリップの最後の主演作。自由主義に奔走した男の皮肉な運命を、ルイス・ブニュエル監督が描いたサスペンスドラマ。
ジェラール・フィリップ
DVDセレクション I

ジェラール・フィリップDVDセレクション I
ジェラール・フィリップ DVDセレクションT
ジェラール・フィリップ出演作「赤と黒」「花咲ける騎士道」「狂熱の孤独」「美しき小さな浜辺」「七つの大罪」の5作品を収録したDVD-BOX。
ジェラール・フィリップ
DVDセレクションII

ジェラール・フィリップ DVDセレクションII(トールケース)
ジェラール・フィリップ DVDセレクションU
ジェラール・フィリップ出演作「パルムの僧院」「危険な関係」「勝負師」「すべての道はローマへ」「男の世界」の5作品を収録したDVD-BOX。





俳優別セレクション  HOME